うちの子にぴったりなプログラムは?

うちの子にぴったりなプログラムは?

イングリッシュアドベンチャーのキャンプは、英語レベルに合わせて3つのプログラムをご用意しています。

プログラム選びで大切なことは、現在のお子様の英語力にあったプログラムを選び、キャンプでたくさんの仲間と安全で楽しい時間を過ごすことです。

お子様の英語力が選択したプログラムより高すぎると、物足りなさを感じてしまいます。英語力が足りなかったら、英語で言われたことを理解できず、自分が言いたいことを伝えることができず、キャンプ自体を楽しめなくなってしまいます。また緊急時の指示を理解できず、安全の確保ができなくなります。

イングリッシュアドベンチャーでは、大自然の中で本場アメリカンスタイルのキャンプを伸び伸びと楽しんでもらいたいと思っています。楽しい環境は「聞く力」と「話す力」を養い、お子様の「もっと学びたい!」「またキャンプに参加したい!」という気持ちを育みます。

お子様が安全に生き生きと楽しいキャンプを過ごせるよう、現在の英語力にあったプログラムをご選択ください。そして、お子様の英語力の成長を長い目で見守っていただければと思います。




◎英語チャレンジプログラム

対象は:

  • 英語が初めてのお子様
  • 英語を勉強中のお子様(初級から中級 、英語学習歴1年~4年程度)



英語チャレンジプログラムの英語レベル

初級 (英語学習歴0~2年程度):
- 英語は初めて
- 簡単な挨拶や自己紹介ができる

英語に慣れ親しむことを目標とします。様々なアクティビティを通して「英語は楽しい!」と感じ、英語に対する興味、もっと英語を話したいというやる気を引き出します。英語を話すのが恥ずかしいという思いや緊張感を取りのぞくことも目標としています。

中級(英語学習歴2~4年程度):
- 簡単な質問が理解でき、質問にYes/Noで答えることができる
- シンプルな文章で短い会話ができる

英会話スクールなどで習った単語やフレーズをキャンプで使うことで、英語で話す楽しさを実感できます。

知っている単語やフレーズがあるものの、それを文章に組み立てて会話をすることがまだ難しい段階で、リスニング力も習得中であることから、安全に楽しくキャンプを過ごすためには、日本語のサポートを必要としています。

キャンプは英語で遊ぶことの楽しさを体験し、英語に興味を持ち、日々の英語レッスンへの意欲をあげることが目標です。

◎英語チャレンジプラスプログラム

対象は:

  • 幼稚園までインターナショナルスクールに通っていた、または海外に住んでいた経験がある
  • 英語の理解力と会話力はあるが、100%英語の環境には自信がない
  • チャレンジプログラムプラスインタビューに合格している



英語チャレンジプラスプログラムの英語レベル


中上級(英語学習歴4年以上):
- 質問が理解でき、状況に応じて質問にYes/Noに加えて短いフレーズを使って答えることができる会話力がある
- ほぼ100%英語の環境で過ごすことができる

英会話スクールや海外生活を通して英語力をつけているが、まだ100% 英語の環境で過ごせるか自信がない。「帰国子女・ネイティブ向けプログラム」の様な英語環境で、必要に応じて日本語のサポートがあるプログラム。


このプログラムでは、スタッフはすべて英語でコミュニケーションをとります。お子様のグループを担当するチームリーダーは英語しか話せません。これまでに習ってきた単語やフレーズを実際に使いこなせるよう、どんどん英語を話して、流暢な英語を目指す一歩を踏み出します。
「帰国子女・ネイティブ向けプログラム」との違いは、安全面に関わる説明や、緊急事、心のサポートのために日本語を話せるスタッフがアシストすることがあります。またお子様同士の会話に日本語を禁止していません。中上級と英語レベルは高いものの、お子様同士で英語を話す事に抵抗があったり、英語のみで良い関係を築くことが難しいためです。
イングリッシュアドベンチャーでは「楽しい気持ち」を優先しています!充実したキャンプを過ごす秘訣は、お子様同士が仲良く、楽しく過ごせることです。

「チャレンジプラスインタビュー」とは:

現在のお子様の英語力がチャレンジプラスに適切かどうか、スタッフがお子様と電話インタビューを行い判断いたします。チャレンジプラスインタビューのご登録はキャンプお申し込み時にご案内いたします。詳しくは、「サマーキャンプ:英語チャレンジプラス」をご参照ください。




◎帰国子女・ネイティブ向けプログラム

対象は100%英語の環境で生活できる:

  • 帰国子女のお子様
  • 日本在住のネイティブスピーカーのお子様
  • インターナショナルスクールに通うお子様

帰国子女・ネイティブ向けプログラムの英語レベル

帰国子女・ネイティブ向けプログラムは日常生活をすべて英語のみで過ごすことができるお子様向けです。

帰国子女のお子様など、英語を使う機会があまりないため現在の英語力がよくわからない、という場合は次の質問をしてみてください。

- Tell me about your family.
- What are you looking forward to most about English Adventure camp?
- What do you like to do when you are not at school? Why?
- What is your happiest memory?
- What is your favorite thing (or activity)? Why?


上記はYES/NOではなく自分の考えを英語の文章で説明しなければいけません。お子様は質問の意味を理解し、英語で回答することができますか?

ネイティブスピーカーのようにすらすらと話さなければならないということではありません。文法を間違えたり、単語が思い出せないことは問題ではありません。自分の気持ちや言いたいことを英語のみで伝えることができるかどうかです。

帰国子女・ネイティブ向けプログラムは、24時間100%の英語環境で「イングリッシュ・オンリー・ポリシー」を掲げています。このポリシーでは、お子様同士の会話も日本語を禁止しています。このポリシーを守ることが難しい場合はこのプログラムへ参加いただくことはできません。

一人のお子様が少しくらいと思い日本語を話してしまうと、話しかけられたお子様もつられて日本語を話してしまいます。そして日本語が連鎖します。

完璧な英語が話せなくても、100%英語の環境で頑張る!という気持ちと、絶対に日本語を使わない!という強い意志を持ってご参加ください。

日本語を使用して注意を受けたにも関わらず、意図的に3回以上日本語を話してしまった場合は、キャンプを継続することができなくなり、ご帰宅いただくこともあります。「イングリッシュ・オンリー・ポリシー」について、ご参加前に必ずお子様とお話ください。




◎具体的なケース

「チャレンジプラス」と「帰国子女・ネイティブ向け」とのボーダーラインにあるお子様は、以下をぜひご参照ください。




「イングリッシュ・オンリー・ポリシー(日本語禁止)」を守れるかわからない場合

ある程度の英会話力があるが日本語禁止のポリシーを守る自信がない場合は、英語チャレンジプラスプログラム(またはチャレンジプログラム)をご選択ください。

英語で話されたことを完全に理解できない、自分の意思を英語で伝えることが難しい場合は、緊急時の安全が確保できず、キャンプを楽しむことができません。ストレスを感じ自信を失くし、英語も嫌いになってしまうかもしれません。英語レベルに応じて日本語サポートを整えたプログラムを用意していますので、お子様に合った英語プログラムをご選択ください。

どのプログラムも英語のシャワーをたっぷり浴びることができます! 現在のお子様の英語力にあったプログラムを選んだほうがお子様は楽しいキャンプ生活を送ることができ、楽しく英語生活にチャレンジできます。その成功体験が自信をつけ「もっと話したい!」という気持ちにつながります。




日本でインターナショナルプリスクール(幼稚園)に通ったお子様

インターナショナルプリスクールなど英語環境の幼稚園に通われていた場合でも、卒園後に日本の小学校に通い英語から離れた環境で過ごしていると、英会話力が落ちてしまいます。特に低学年のお子様は疲れた時に、どうしても日本語を使いたくなる傾向が多く見受けられます。卒園後、英語のみの環境を維持されていない場合は、慎重にプログラムをご検討いただくようお願いいたします。

英語100%の環境にはリスニング力だけではなくスピーキング力も必要です。英語で言われたことを理解できるかに加え、自分の言いたいことや気持ちを英語で伝えることができるかという点もご判断ください。どのプログラムも英語のシャワーをたっぷりと浴びることができます。現在のお子様の英語力にあったプログラムを選び、お子様が楽しいキャンプ生活を送れるようご検討ください。




帰国子女のお子様でプログラム選びをお迷いの場合

- 帰国後数年経過して、今の英語力がわからない
- 海外に数年滞在したけれど未就学期間だった
- 帰国後英語を使う環境から離れたため、現在の英語力がわからない
- 小学校入学前に海外に数年在住していた


というケースで迷われる場合が多いようです。

帰国後、日本の学校に通うようになってから英語で話すことに抵抗を感じるお子様がいらっしゃいます。イングリッシュアドベンチャーのキャンプでは、「まるで海外にいるような雰囲気の中、英語しか話せない環境を体験し、英語を話す感覚が戻った。自分と同じ帰国子女の友人とも出会って、帰宅後も英語で話すことにとても前向きになった」というようなお話をたくさんいただきます。

お子様は英語を話せなくなったのではなく、日本語のみの環境で英語を話す機会が減り、自信がなくなり、日本人の中で英語を話すことが恥ずかしくなったためでしょう。イングリッシュアドベンチャーのキャンプで、多国籍のキャンプスタッフと一緒に時間を過ごし、英語を話す友人に囲まれ、英語で話す楽しさとその感覚を取り戻したのではないかと思います。

帰国時に十分な英会話力があれば、ブランクがあっても「英語のみで頑張ってみよう!」という強い意思があれば大丈夫です。帰国子女・ネイティブ向けプログラムを試してみることをおすすめします。




◎キャンプは仲間と一緒に楽しむもの

完璧な英語が話せないから帰国子女・ネイティブ向けプログラムは難しいかもしれないとお迷いの方もいらっしゃるかもしれません。話すときに少し言葉につまってしまったり、単語を忘れたりしてもそれは全然問題ではありません!

完璧な英語を話せないから帰国子女・ネイティブ向けプログラムは難しいかもしれないと迷う方もいらっしゃいます。英語を間違えずに話さなければいけないわけではありません。少し言葉につまったり、単語を忘れたりしていても問題はありません。大切なのは英語で話そうという気持ち、英語で自分の思いを伝えることです!

ただし、もともと十分な英語力がないまま「帰国子女・ネイティブ向けプログラム」に参加すると、キャンプを楽しむことができなくなってしまいます。

キャンプでは、たくさんの仲間と良い人間関係を築き楽しい時間を過ごします。もし十分な英語力がなかったら、相手が話していることを理解できなかったり、自分が言いたいことを英語で伝えることができず、ストレスを感じ、自信を失ってしまいます。

周りの仲間と英語で円滑なコミュニケーションをとることができ、一緒にキャンプを楽しめる英語力をお持ちであれば大丈夫です。お子様が生き生きと楽しいキャンプを過ごせるよう、現在の英語力にあったプログラムをご選択ください。




【よくある質問集より】
Q. うちの子は帰国後英語を忘れてしまったようです。英語チャレンジプログラムの方がよいのでしょうか?

Q. うちの子は会話力はあるのですが、読み書きが苦手です。どのプログラムが向いているのでしょうか?

Q. 現在小学校3年生で公立小学校に通っています。インターナショナルプリスクール(幼稚園)に3年間通い英語を習い、今は週一回英会話スクールに通っています。現在の会話力がどのくらいあるかわからないのですが、帰国子女・ネイティブ向けプログラムに申し込んでも大丈夫ですか?

Q. うちの子はまだ英語が上手に話せませんが、英語のシャワーを浴びさせたいので、帰国子女・ネイティブ向けプログラムに申し込んでもいいですか?

「キャンプに行けば英語がペラペラになりますか?」という質問もよくいただきます。 こちらも合わせてお読みください。




プログラム選びに迷ったら、こちらをお試しください。
 うちの子はどっち?プログラム判定ガイド

イングリッシュアドベンチャーの姉妹組織「特定非営利活動法人みらいの森」は、児童養護施設で暮らす子どもたちへ、将来の道を切り拓くきっかけを与えるアウトドアプログラムを提供しています。子どもたちの未来を変える活動を、ぜひご支援ください。詳しくはNPO法人みらいの森のホームページへ。