はじめまして、イングリッシュアドベンチャーです。

イングリッシュアドベンチャーが初めての皆様、こんにちは。私たちは小中学生向けにアメリカンスタイルの英語キャンプを日本国内で行っています。英語キャンプとしては国内最大規模。日本にいながらアメリカのキャンプを体験できるとして、数多くのお子様に参加していただいています。



イングリッシュアドベンチャーがただのキャンプではない5つの理由



1)スタッフのクオリティ

イングリッシュアドベンチャーのスタッフは、アメリカ人、カナダ人、オーストラリア人、帰国子女の日本人などさまざまなバックグラウンドを持っています。さらに、スタッフは全員、事前トレーニングでキャンプ運営や野外リスクマネージメントの講習を受けているうえ、基礎応急手当とCPR(心肺蘇生法)の技能を習得しています。
たくさん英語に触れて学んでいただけるように、また安心・安全な環境を保持するためスタッフとキャンパーの比率は1:5前後です!



2)「自信と自立」がキーワード

私たちは参加されるお子様たちのことを「キャンパー」と呼んでいます。そのキャンパー6人から8人につき1人の「キャンプリーダー」と呼ばれるスタッフがそばにつき、小さなグループとして一緒に行動します。グループごとに同じ部屋に滞在し、例えば部屋の掃除が一番きれいだったグループは表彰されたりと、個人単位だけではなく、グループ単位でも褒められたりします。何か問題が起きたときも、その子を叱るのではなくその子の行ったことについてグループで話し合い、何が問題かを学びます。「自信と自立」がキーワードです。



3)キャンプが英語実践の場!

キャンプは生活です。日々の生活で使う英語は、キャンプだからといって特別なものではありません。学校で学んだ英語をイングリッシュアドベンチャーのキャンプで使う良い機会になります。さらに、身体を動かしてアクティビティやゲームを楽しみながら、英語を学んだりします。スタッフは一人一人のお子様に英語を使う機会を与えサポートしています。リスニングやスピーキングのスキルアップが期待できるほか、英語を学びたいという意欲が芽生えるでしょう。英語レベルに合わせて3つのプログラムをご用意しています。「英語チャレンジ」は英語が全くはじめてのお子様から英会話中級のお子様向け。基礎会話力がある中上級のお子様には「英語チャレンジプラス」がおすすめ。帰国子女などのお子様には100%英語の環境で、すでに十分な英語力のあるお子様対象の「帰国子女・ネイティブ向け」がぴったりです。



4)年齢別にプログラムが分かれている!

年齢別にアクティビティなどプログラムが分かれているので、低学年のお子様でも安心です。すべてのお子様にとって無理なくチャレンジできるプログラムになっています。毎年、その年ごとに新しいチャレンジに挑戦できるため何年も連続してご参加いただいているリピーターの方ももちろんたくさんいらっしゃいます!



5)美しい自然の中でのキャンプ体験

キャンプではふだんの生活から離れて大自然の中で過ごします。深い緑の森、澄んだ空気、美しい湖、こんなにも星が輝いて見えるなんてとお子様はきっと驚くことでしょう。

キャンプ開催地の新潟県津南町は素晴らしい大自然に囲まれたとても美しいエリアです。キャンプサイトにはスキー場が併設されていますので、一年を通して四季折々のアクティビティをお楽しみいただけます。



私たちはすべてのお子様が楽しく英語を学ぶだけでなく、それぞれの成長をサポートすることも重要なミッションだと考えています。「壮大な自然を楽しむ」「自分を信じて行動する」「思いやりと協調性を育む」「自分と違う人、価値観を理解する」「リーダーシップ、表現力を発揮する」を軸に構成されるキャンプに参加されることにより、お子様はきっとたくましくなって帰って来ることでしょう。 皆様にお会いするのを楽しみにしております。

「歌などを通じて、勉強感覚ではなく、遊び感覚で英語に親しめるところが気に入りました。子どもたちはキャンプ後も、覚えたフレーズ、歌など、しょっちゅう口ずさんでいます。とにかく、本当に楽しかったようです。どうもありがとうございました。英語に対しての興味の持ち方が変わりました」
—K.K.さんの保護者様

保護者の声をもっと聞く

うちの子にあったプログラムは?

イングリッシュアドベンチャーの姉妹組織「特定非営利活動法人みらいの森」は、児童養護施設で暮らす子どもたちへ、将来の道を切り拓くきっかけを与えるアウトドアプログラムを提供しています。子どもたちの未来を変える活動を、ぜひご支援ください。詳しくはNPO法人みらいの森のホームページへ。