スキー時の服装、レンタルオプションについて

スキー時の服装


●ベースレイヤー(下着)
保温性のある下着(上下)を着用します。スキー用の肌着、スキー用タイツ、スキー用靴下がおすすめです。スキー専用品ではなく、一般的によくあるあたたかい下着などでも大丈夫ですが、綿素材は避けてください。綿製品は綿素材は濡れた時に体を冷やしてしまいます。

●ミドルレイヤー
スキー用のシャツやフリースジャケットなどを着用します。こちらも綿製品ではなく濡れても乾きやすい化繊のものがおすすめです。

●アウターレイヤー(スキーウェア)
あたたかく防水性(または撥水)の素材のものがおすすめです。

スキーがはじめてのお子様や低学年のお子様はスキーウェアの着方からサポートしますのでご安心ください。

●スキー用手袋
防水性のあるスキー用手袋をお持ちください。サイズ確認もお忘れなく!大きすぎると脱げやすく、手袋の中に雪が入ってしまいます。

●ネックウォーマー
マフラーではなくネックウォーマーをお持ちください。マフラーは活動中にほどけてしまう可能性があるためおすすめしません。

●ゴーグル
スキー場は日差しが強い場合もありますので、UVカットのものがおすすめです。

●ヘルメット
ヘルメットは安全のために着用必須となります。レンタルをお申し込みされない場合には、必ずスキー用ヘルメットをお持ちください。

尚、自転車用のヘルメットは形状が異なりますので、代用は安全上おすすめできません。また、防寒の意味からもスキー用のヘルメットをおすすめします。自転車用のものは通気性がよいため、スキー場ではかなり冷えてしまいます。

お申込み時にスキーウェアレンタルオプションをご選択された方は、スキーレッスン以外の時間にももちろん着用できますので、別途お持ちいただく必要はありません。


スノーブーツ

スキーレッスン以外の時間に雪遊びなどをする際に使用しますので、防水性のあるブーツをご持参ください。スキーレンタルに含まれるスキーブーツとは別に必要となります。

ショートタイプのブーツですと靴の中に雪がはいってしまいますので、このようなロングタイプのものがおすすめです。



レンタルオプション

以下のレンタルオプションをお申込みされた方は別途お持ちいただく必要はありません。

スキーセット:スキー、ストック、ブーツのセット
スキーウェア:スキージャケット、スキーパンツ(下着や手袋などの小物類は含まれません)
ヘルメット

レンタルをお申込みされなかった方は各自ご用意の上、キャンプにご持参または郵送ください。

この他に服装や持ち物についてご質問などございましたら、お気軽にカスタマーサポートまでご連絡ください。

イングリッシュアドベンチャーの姉妹組織「特定非営利活動法人みらいの森」は、児童養護施設で暮らす子どもたちへ、将来の道を切り拓くきっかけを与えるアウトドアプログラムを提供しています。子どもたちの未来を変える活動を、ぜひご支援ください。詳しくはNPO法人みらいの森のホームページへ。