英語キャンプがグローバルな環境で生き抜く力を健全に養う

blog(9th April-5)

親の願いはいつのときでも、お子様が健やかに育ち、やる気を持って幸せに生きてくれることでしょう。さらに、世の中の変化のスピードは速く、お子様が大人になる頃には、今以上にグローバルな環境で生き抜かなくてはなりません。

今回、「英語キャンプがグローバルな環境で生き抜く力を健全に養う」とタイトルをつけさせて頂きましたが、これは文科省が子どもの意欲・やる気等の向上・低下に係る調査研究成果・事例の収集調査の中で、自然体験が如何にお子様たちに良い影響を与えるかを公表していることによります。

子どもたちや学校関係者、保護者などを対象に行った調査で「勉強が得意と答えた子どもが多い」「自己肯定感が高い」「やる気や積極性が高い」と回答したのは自然体験を経験したことがあるグループでした。自然体験やキャンプについて文部科学省や様々な機関が研究しており、自然体験したことのある子どもは家庭・学校生活においても良い影響があることがわかっています。

以下抜粋

予測しきれない様々な環境や状況の変化を総合的に判断したり、あるいは安全なキャンプの遂行のために集団でのコミュニケーションを図ったりといった活動・体験を伴う集団でのキャンプが、意欲ややる気をつかさどるとされている前頭葉の機能強化に寄与している

blog17th March

キャンプでの遂行体験、自然体験、参加者同士の協力が子どもの自己成長感、自然認識や他者と交わる能力の発達に寄与しており、キャンプ終了後の追 跡調査でも、家庭学校生活などにおいて、「積極性」「現実肯定」「視野判断」「適応行動」の発揮が見られるなどの効果が得られている

boys

キャンプ活動での他者との長時間の相互コミュニケーションや、克服的で冒険的な活動が、脳機能、特にやる気や意欲をつかさどるとされている前頭連 合野の抑制機能の発達に寄与し、さらに前頭連合野に何らかの構造的な望ましい変化を生み出す可能性が示唆されている

さらにイングリッシュアドベンチャーのキャンプは、ただのキャンプではなくグローバルな英語キャンプ。様々な国出身のお子様たちが参加し、スタッフも数多くの国から参加する本当にグローバルなキャンプを英語で、完全なアメリカンスタイルで行っています。

「やる気」「自己肯定感」「コミュニケーション能力」などキャンプがお子様の脳と精神に生み出す良い影響の中でグローバルな体験をすることが、如何にお子様への未来投資になるか想像するに容易いかと思います。イングリッシュアドベンチャーは、ただ英語を使う場を提供するのではなく、その先へと続く未来のことを考えて英語キャンプを行っています。

blog(8th May-3)

Leave a Reply