キャンプへの想い

皆さまにとって、キャンプとはどのような場でしょうか。今回は、世界的著名人たちのキャンプへの想いをご紹介いたします。

blog(10th April-1)

もし私が何かのことで記憶されるとしたら、私のことを子どもが本当に好きで、とても良いキャンプのカウンセラーだったと覚えておいてほしい。

ーフランシス・フォード・コッポラ(映画監督)

blog(10th April-2)

キャンプは子ども達に子ども達であるチャンスを与えるよい機会だと私は思います。子ども達は心と身体を使って存分に楽しみ、さらに精神を高め、安全な環境で他人と触れ合い、自分自身について学びます。そして、それが将来の市民や指導者に直接関係してくるのだと思っています。

ーヒラリー・クリントン(政治家)

blog(10th April-3)

キャンプでの7年の間、私は子ども達が成長し、自信をつけ、リーダーシップを学び、自分自身への挑戦と冒険への意思を見て来ました。キャンプは重要な「人生の経験」を得る環境を子ども達に与えます。子ども達は毎年キャンプに帰って来ます、友だちに会うためだったり、キャンプのスタッフがもう一つの家族のようであることと、安全な環境だからです。

ージョーン・ルンデン(テレビキャスター・作家)

19thMarch

我々の文化では子ども達に十分な遊びの場所を与えていないと思います。子ども達のイマジネーションやクリエイティビティはキャンプでとても高まります。キャンプで最も価値のあることは、与えることによりあなたが本当に成長することです。そして、キャンプで最も重要なこと、それは、他者を敬うことです。

タッカー・カールソン(ジャーナリスト・作家)

Blue Lake

さらに色んな著名人のキャンプへの想いはこちらからご覧になれます。

Leave a Reply