July 2015

2015年サマーキャンプスタート!

待ちに待ったサマーキャンプがスタートしました!
まずは、7月20日に英語浸けプログラムの子どもたちが長野へ出発。そして、7月23日には英語チャレンジプログラムの子どもたちも出発!

子どもたちはキャンプ地長野県大町市にて、湖での水遊びやハイキングなど夏を満喫しています。英語浸けプログラムのキャンプチームから届いた写真をご覧ください。子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきそうですね!

IMM_EA_Week_1_07202015-43

IMM_EA_Week_1_07212015-5

IMM_EA_Week_1_07212015-10

IMM_EA_Week_1_07212015-12

 

参加する全員が「ハッピーキャンパー」としてキャンプを過ごしていただけるよう、スタッフ一同万全の体制で子どもたちを見守り、導き、楽しい夏を一緒に過ごしていきたいと思います!

キャンプ目前、英語浸けプログラム準備レポート!

来週から待ちに待ったキャンプシーズンが始まります!
このところ、気温もぐっと高くなりましたね!キャンプ地、長野県大町市でも連日30℃超えの夏らしいお天気の日が続いています。

キャンプチームはサイトにて最終準備中です。
遊具の準備や宿泊施設内の調整からキャンプ中の食事メニューの最終確認まで、キャンパーのみなさん全員が「ハッピーキャンパー」となっていただけるよう、最終準備を進めています。

英語浸けプログラムキャンプチームから届いた最新の写真をごらんください!

CPR(心肺蘇生法)の訓練中の様子です。
IMM_Staff_Training_07162015-12

スタッフは全員がキャンプ運営や野外リスクマネージメント(危機回避)の講義を受講し、基礎応急手当とCPR(心肺蘇生法)の訓練を受けます。キャンプを統括するキャンプディレクターは、さらに高度な応急手当の資格を取得しています。

キャンプは日本屈指の透明度を誇る青木湖の畔で開催されます。泳いだり、ラフティングをしたり。キャンパーのみなさんとここで遊べるのが、今から楽しみです!

IMM_Staff_Training_07162015-15

どんな冒険が待っているのか、楽しみですね!
元気なキャンパーのみなさんにお会いできるまであと数日、スタッフ一同楽しみにしています!

IMM_Staff_Training_07162015-3

 

 

IMM_Staff_Training_07172015-1

それでは、キャンプでお会いしましょう!!!

キャンプの準備も楽しんで

もう少しで今年のサマーキャンプが開催になります。初めての方はキャンプに馴染めるか、お友達ができるかなど心配されている方も多いことでしょう。そんな不安を解消するための出発前準備のご案内です。

blog(friends)

1)使いやすい道具を揃えよう

お子様の身体にぴったりあったリュックサック・歩きやすい靴・つま先が覆われていて、かかとをしっかりと固定できるウォーターシューズ(湖での水遊びに使用)

この3点は特に大切です。靴はしっかり試着をしてからご購入することをお勧めいたします。

2)身の回りのことを自分でする練習をしよう

キャンプでは5人程度の小グループになり、スタッフが常についてはいますが、ご家族がいる環境ではありませんので、特に低学年のお子様は着替えやお風呂、歯磨きなど自分のことは自分でする練習をしてみましょう。

blog(24th Mar-8)

3)お泊まり体験をしてみよう

もしまだお子様がお一人でお泊まり体験をしたことがない場合には、祖父母やお友達の家などでお泊まり体験をしてみてください。

4)キャンプイングリッシュを練習しよう

イングリッシュアドベンチャーのyoutubeを見て、キャンプイングリッシュを練習してみましょう。キャンプで歌う歌や毎日使う英語のフレーズが覚えられますよ。

5)荷造りはお子様が主役!

ご家族の方がリュックサックやスーツケースに荷物を全部つめてしまいますと、キャンプ場で荷物を開けるとき、お子様はどこに何が入っているのかわからなくなってしまうかもしれません。ぜひ一緒に作業をしてください。お子様と一緒に確認しながら、実際に荷物を詰めて行きましょう。全ての持ち物に名前を記入することも忘れないで下さいね!

blog(24th Mar-3)

さあ、楽しいキャンプももう少しで始まります。今年もお子様が新たなお友達を作り、様々な国の人に出会い、自分も他人も大切な存在なのだと気づく、素晴らしい冒険になりますように。

ハッピーキャンパーになろう!

キャンプをご家族でよくされるとか、アウトドアにご興味のある方は「キャンパー」と聞いて、すぐ頭にいろんなことを思い浮かべるかもしれません。

「キャンパー」とは「キャンプをする人」という意味で、イングリッシュアドベンチャーのキャンプにご参加されるお子様のことを「ハッピーキャンパー」と呼んでいます。「キャンパー」ではなく「ハッピーキャンパー」を育てること、それがイングリッシュアドベンチャーのミッションでもあります。

jumping-campers

では「ハッピーキャンパー」とはどんな人物なんでしょうか?

1)壮大な自然を楽しめる

普段の生活の中ではなかなか自然に触れる機会がないというお子様もきっと多いことでしょう。大自然の中で行われるイングリッシュアドベンチャーのキャンプで、思いっきり遊んで楽しんで自然を感じてほしいと思っています。

2)自分を信じて行動する

キャンプは学校ではないので、テストもありませんし、色んな学校のルールに従うこともありません。イングリッシュアドベンチャーは「失敗してもいい、失敗から学ぶこともたくさんある」という考えです。普段の生活とは全く違う環境で、大胆に行動してほしいと思っています。自分で考えて、チャレンジする、その心を育てたいのです。

blog(24th Mar-8)

3)思いやりと協調性がある

親切で優しく、思いやりのある子どもに育つこと。キャンプを通じて、参加しているお子様同士だけではなくスタッフや、周りの人、自分とは違う考え、様々な国籍の人、自然環境、命あるものすべてに対して持ってほしいと思っています。

4)リーダーシップ、表現力を発揮する

自分がよいお手本になって、まわりのお子様たちも正しい行動がとれるように助けること、これがリーダーシップです。良いリーダーとは自分だけが成功することがゴールではないと理解し、チームの仲間と一緒に目的を達成すること、そのためにチームが協力し合えるように周りを支えること。リーダーシップは一人のお子様が持つのではなく、全てのお子様ひとりひとりが持っているものです。

5)自分と違う人や価値観を理解し尊重する

イングリッシュアドベンチャーのキャンプには世界各国から、様々なバックグラウンドを持つ人たちが集まります。今まで自分が知らなかった世界や考え方に遭遇したとき、その違いや価値観を理解し、尊重できる人になって欲しいと願っています。それにより広い視野が持て、これから先の人生で真の「グローバル市民」になって欲しいと思っています。

6)自信を持って英語を使う

英語が机上のことではなく、実際のコミュニケーションツールだと理解することにより、もっと楽しく英語を使い、キャンプをもっと楽しめることでしょう。キャンプから帰ったあとも、その気持ちを持って英語の勉強に取り組んでほしいと思っています。

blog(9th April-6)

イングリッシュアドベンチャーの安全で楽しいキャンプを通じ、新しい友だちを作り、大自然の中のアクティビティを楽しんで、心身共に健全に豊かに成長すること。それが「ハッピーキャンパー」なのです。