May 2015

英語チャレンジのアクティビティ

今回は「英語チャレンジ」プログラムのアクティビティについてお伝えいたします。今年は長野県・鹿島槍スポーツビレッジにて開催いたします。山にハイキングに行ったり、湖で遊んだり盛りだくさんの内容です。

イングリッシュアドベンチャーのキャンプは年齢別のプログラム構成が特徴です。どんなに元気がいっぱいでも、やはり低学年のお子様と高学年や中学生のお子様とは体力が違います。それぞれの成長に合わせ、年齢にあった内容のアクティビティにご参加いただくのがとても大事なことだとイングリッシュアドベンチャーでは考えています。どの年齢でも無理なく楽しく参加していただける内容になっていますのでご安心を!

例えば、小学1~2年生は「スカベンジャーハント」と呼ばれる森の中での宝探しゲームや自然散策ゲーム。
blog(friends)

小学3~4年生は森の中でオリエンテーリングも!

小学5年生以上は、オーバーナイトハイキングに行きます。きっと星空の下で過ごした夜は一生の思い出になるでしょう。

もちろん、年齢に関わらずキャンパー全員が参加するアクティビティもたくさんあります!たとえば、湖での水遊びやハイキング。

blog(29th May-5)
blog(29th May-2)

もちろんキャンプファイヤーも!
blog(29th May-1)

ダンスパーティーも毎年キャンパーに大人気のイベントです。

キャンプはアクティビティや様々な挑戦を経験し、自信と自立への気持ちを大きく育てる特別な時間でもあります。そのため、年齢別のプログラムを通してそのときどきに合わせた成長をサポートできるようにアクティビティが構成されています。またリピーターの方も年齢ごとに新たな冒険にチャレンジできるため、毎年新たな気持ちでキャンプをお楽しみいただけます。

お子様たちに、どんな冒険が待っているのか楽しみですね。

今年のサマーキャンプは長野県へ!

イングリッシュアドベンチャーのキャンプは「英語浸け」「英語チャレンジのどちらのプログラムも、壮大な北アルプスと透き通る湖や豊かな自然に恵まれた長野県大町市で行われます。「英語漬け」は日本有数の透明度を誇る青木湖畔の「ホテルブルーレイク&リゾート」で、そして「英語チャレンジ」は、雄大な北アルプスを目の前に望む「鹿島槍スポーツビレッジ」にて開催されます。

キャンプ地で準備をしているキャンプチームからの報告が届きましたので、今回は英語チャレンジプログラムの開催地、「鹿島槍スポーツヴィレッジ」周辺の自然風景をお届けします。

さて、ご覧下さい。北アルプスの山にはまだ雪が残っているのが見えますが、緑豊かなシーズンが到来しました!

blog(22th May-1)

blog(22th May-3)

blog(22th May-4)

こちらは鹿島槍スポーツヴィレッジの近くにある中綱湖です。ここで水遊びをします!

blog(22th May-5)

ハイキングも楽しみですね!キャンプチームスタッフでさっそくハイキングに行きました。見えてきたのは息をのむような景色。緑と青のコントラストがきれいですね。

blog(22th May-2)

木の枝のところに見えるのは・・・2匹の猿!

blog(22th May-6)

青い空と緑の森。青く透き通った湖。夜はきっと満点の星空が見えることでしょう。もしかしたら、満点の星空を見るのが初めてというお子様もいらっしゃるかもしれません。電気がない夜がどんなに暗いのか、また、暗いところで月や星がどれだけ明るく輝くのか、初めてみた光景はきっとずっと心に残ります。

学校や普段の生活ではなかなか経験できないドキドキワクワク体験。お子様たちは大自然の中で様々なことを体験し、新しい友達との友情を深め一回りも二回りも大きく成長するでしょう。

サマーキャンプ:英語チャレンジ!

皆さまはイングリッシュアドベンチャーがyoutubeにチャンネルを持っているのをご存知ですか?「キャンプイングリッシュ」を学べたり、キャンプの様子を見ることができたりします。

英語チャレンジプログラムの様子を伝えるyoutubeがありますので、ご紹介したいと思います。

キャンパーとはキャンプをする人を意味し、参加する全てのお子様を「ハッピーキャンパー」と呼んでいます。お子様たちは小さなグループを作り、そのグループと常に一緒にいるスタッフのことを「キャンプリーダー」と呼びます。

英語チャレンジは、英語が初めてのお子様から中上級レベルまでの英語を勉強しているお子様が参加するプログラムです。スタッフは英語を中心に話しますが、例えばアクティビティの説明や安全に関わることについては日本語を使います。キャンプ生活の中で、お子様たちは英語を学び、英語を使い、英語が机上のものではなく実際の生活なのだと知ることができます。このビデオを見ていただくと、お子様たちがどんなに楽しく英語を使いながらキャンプを楽しんでいるかがお分かり頂けるかと思います。

「英語は楽しい!」と思う機会をお子様に与えてみませんか。イングリッシュアドベンチャーのキャンプは「とにかく楽しい!」それがお子様たちにとって全ての原動力になるのは間違いありません。勉強意欲と、イングリッシュアドベンチャーが大切にしている「自立と自信」が育まれることでしょう!

blog(9th April-3)

英語浸けと英語チャレンジプログラムの違いとは?

今回は皆さまからよくご質問いただく「自分の子どもがどちらの英語プログラムに参加したらいいのかわからない」という疑問にお答えいたします。

イングリッシュアドベンチャーの英語キャンプはふたつの英語レベルに分かれています。「英語浸け」と「英語チャレンジ」のプログラムです。

blog(8th May-1)

「英語浸け」は英語ネイティブ及びネイティブレベルのお子様のためのプログラム

英語浸けプログラムでは英語を学ぶということはなく、すでに英語がネイティブレベルのお子様のためのプログラムです。帰国子女のお子様や日本に住むネイティブスピーカーのお子様、学校の授業が毎日英語で行われているようなインターナショナルスクールのお子様たちが参加しています。

話す言葉は100%英語で行われ、アクティビティの説明も英語です。部屋の中でも日本語は禁止。スタッフが楽しく自然に英語のみのルールを守ることができるようにサポートします。

日本に帰って来て英語を使う機会が減った、まだ日本文化に馴染めないようなお子様にとって、多文化で行われる英語浸けプログラムは自分の居場所のように思えることでしょう。

boys

「英語チャレンジ」は英語を学ぶ全てのお子様のためのプログラム。初心者から中上級者まで。

英語チャレンジプログラムは、英語が全く初めてというお子様から、中上級者までの英語を学んでいるお子様にぴったりのプログラムとなっています。英語教室や学校などで学んだ英語を、英語チャレンジプログラムに参加することによりアウトプット、つまり実践の場としてください。実践の場があるということは、お子様たちにとって、英語が机上のものではなく現実のコミュニケーションツールだと気づく良い機会になります。それがお子様の勉強意欲を高めることでしょう。

blog(8th May-3)

このプログラムでの英語の学び方はとてもユニークです。身体を動かし、アウトドアのアクティビティを楽しみながら、新しい言葉や会話を学びます。挨拶や持ち物などキャンプ生活で使う単語やフレーズをCamp Englishと呼びます。このキャンプイングリッシュはキャンプ生活だけではなく、日常生活でも十分に使える英語です。Good morningなどの挨拶や、water bottle(水筒)などの持ち物をスタッフのサポートで何度も使うことにより覚えます。それぞれのアクティビティに適したフレーズはTarget Englishと呼びます。このターゲットイングリッシュではIt’s yummy!(美味しい)などその時々のアクティビティで使える英語を学びます。それによりリスニングやスピーキンのスキルアップが期待できます。

もちろん、このプログラムではアクティビティの説明など、安全に楽しむために日本語でのサポートを行いますが、スタッフはお子様ができるだけ英語を使えるよう導き、英語の課題が与えられます。例えば、毎日大きな声でGood morningと挨拶するなどです。楽しく意欲的に英語が学べるような工夫が凝らされたプログラムです。

ご自分のお子様が英会話教室にも通われており、ある程度の英語力があるように思えても、英語の環境100%での生活が可能でない限り(例えばインターナショナルスクールに通っている、帰国子女など)はこちらのプログラムにご参加下さい。背伸びをして「英語浸け」プログラムに参加されると、英語が理解できずお子様は自信を失い、イングリッシュアドベンチャーが趣旨としている「自立と自信」とは真反対のことが起こってしまいます。お子様は十分「英語チャレンジ」でもたくさんの英語を使う機会があります。どうぞお子様が自信を持ってキャンプに参加できるように正しいプログラムに参加してくださいね!

blog(8th May-2)

ご自分のお子様に合ったプログラムで楽しい英語キャンプを!

イングリッシュアドベンチャーが初めての皆様へ

イングリッシュアドベンチャーが初めての皆様、こんにちは。

blog(9th April-6)

私たちは小学生と中学生のための、アメリカンスタイルのキャンプを日本国内で、しかも英語で行っています。キャンプは完全にアメリカンスタイル。日本国内で再現し、数多くのお子様に参加していただいています。

イングリッシュアドベンチャーがただのキャンプではない5つの理由

blog(24th Mar-8)

1)スタッフのクオリティ

イングリッシュアドベンチャーのスタッフは、アメリカ人、カナダ人、オーストラリア人、帰国子女の日本人などさまざまなバックグラウンドを持っています。さらに、スタッフは全員、事前トレーニングでキャンプ運営や野外リスクマネージメントの講習を受けているうえ、基礎応急手当とCPR(心肺蘇生法)の技能を習得しています。さらに安心なことに、看護師が常駐しています。

blog(24th Mar-7)

2)「自信と自立」がキーワード

私たちは参加されるお子様たちのことを「キャンパー」と呼んでいます。そのキャンパー6人から8人につき1人の「キャンプリーダー」と呼ばれるスタッフがそばにつき、小さなグループとして一緒に行動します。グループごとに同じ部屋に滞在し、例えば部屋の掃除が一番きれいだったグループは表彰されたりと、個人単位だけではなく、グループ単位でも褒められたりします。何か問題が起きたときも、その子を叱るのではなくその子の行ったことについてグループで話し合い、何が問題かを学びます。「自信と自立」がキーワードです。

blog(9th April-5)

3)キャンプが英語実践の場!

キャンプは生活です。日々の生活で使う英語は、キャンプだからといって特別なものではありません。学校で学んだ英語をイングリッシュアドベンチャーのキャンプで使う良い機会になります。さらに、身体を動かしてアクティビティやゲームを楽しみながら、英語を学んだりします。スタッフは一人一人のお子様に英語を使う機会を与えサポートしています。リスニングやスピーキングのスキルアップが期待できるほか、英語を学びたいという意欲が芽生えるでしょう。英語レベルに合わせて「英語チャレンジ」、「英語チャレンジプラス」、「帰国子女・ネイティブ向け」という3つのコースをご用意しています。「英語チャレンジ」コースは英語が全くできないお子様から英会話中級まで、「英語チャレンジプラス」は英会話中上級のお子様向け。帰国子女のお子様やインターナショナルスクールに通うお子様には100%英語「帰国子女・ネイティブ向け」コースがぴったりです。こちらのコースは日本語禁止です。

19thMarch

4)年齢別にプログラムが分かれている!

年齢別にアクティビティなどプログラムが分かれているので、低学年のお子様でも安心です。すべてのお子様にとって無理なくチャレンジできるプログラムになっています。

blog(24th Mar-4)

5)美しい自然の中でのキャンプ体験

キャンプはふだんの生活から離れ大自然の中で過ごします。深い緑の森、澄んだ空気、美しい湖、こんなにも星が輝いて見えるなんてとお子様はきっと驚くことでしょう。

jumping-campers

私たちはすべてのお子様が楽しく英語を学ぶだけでなく、それぞれの成長をサポートすることも重要なミッションだと考えています。「壮大な自然を楽しむ」「自分を信じて行動する」「思いやりと協調性を育む」「自分と違う人、価値観を理解する」「リーダーシップ、表現力を発揮する」を軸に構成されるキャンプに参加されることにより、お子様はきっとたくましくなって帰って来ることでしょう。

さらに詳しくはイングリッシュアドベンチャーのサイトをご覧下さい。

皆様にお会いするのを楽しみにしております。

blog(24th Mar-3)