スタッフ紹介

キャンプスタッフ・コナーにインタビュー Interview with Connor

(English follows)

2018年サマーキャンプでロングキャンプを担当するコナーにキャンプへの思いを伺いました。

コナーは昨年のサマーキャンプに続き、2回目の参加です。イングリッシュアドベンチャーのキャンプは参加者のキャンパーたちだけではなくスタッフのリピーター率も非常に高いのが特徴です。自身も子供の頃にキャンプに参加したことがあり、その体験から今度は大人になった自分が子どもたちを導きたいという思いからスタッフとして参加するスタッフがとても多く、コナーもその1人です。

イングリッシュアドベンチャーのキャンプは、コナーのように子どもたちに最高の夏を過ごしてもらいたい!という情熱を持つスタッフたちに支えられています。

子どもの頃、サマーキャンプに参加した経験がありますか?キャンプの思い出や、キャンプを通して得られたことなどを教えてください。

初めてキャンプに参加したのは5才のときで、それから毎年行きました。キャンプが大好きだった時もあれば、難しいと感じた時もあります。ボート、水遊び、アーチェリーなどのアクティビティをできることはうれしかったです。キャンプを通して、自分自身のことや他人との関わり方を学びました。でも、キャンプに馴染めないと思ったことも実はあります。いじめにあったこともありました。キャンプスタッフがじゅうぶんなケアをしてくれたと思えずに、実際に自分の気持ちをスタッフに打ち明けたこともありました。自分のキャンプ体験よりももっとよい環境を子どもたちに与えられるのではという思いから自分自身もサマーキャンプで働いてみたいと思うようになりました。

アメリカのサマーキャンプで働いた経験について教えてください。

初めて仕事をしたのは16才の時、自分が子どもの時に参加したデイキャンプでカウンセラーとして4年間働きました。キャンパーとして参加した時には好きではなかったキャンプだったので、子どもの頃、「こんなキャンプだったらいいな」と思ったキャンプに近づけるようなキャンプの環境作りに関われる機会でありとてもワクワクしました。でも、そこは自分が成長できる場所ではないと思いました。

20才の時には台湾の英語キャンプで働きました。それまでの人生の中で一番の遠出だったこともあり、大きな冒険でした。キャンプの参加者は英語を習いはじめた初心者の子どもたちで、とてもやりがいがありました。馴染みある文化とはまったく異なる世界を経験できたこともよかったと思います。

そのキャンプで、子どもたちがレゴを使ってそれぞれの好きなキャンプスタッフを作っていたことを覚えています。僕の担当していたキャンパーたちが作った像は「コナー:アメリカ人」と紹介されました。大きなカウボーイハットをかぶり、口にはタバコをくわえ、片方の手にはダブルハンバーガーを、もう片方の手は銃を持っていました。もちろん、実際にキャンプでそのようなものを持っていたわけでも、実生活で使っていたわけでもありませんが、子どもたちが自分の国をどのように捉えているのかを知ることができました。キャンプで働くスタッフの中には、アメリカ人(自分)とはじめてきちんと長い会話をしたという人もいました。このような経験が、アメリカ人として模範的な行動を取らなければと思わせるきっかけとなりました。オープンな心を持ち続けることで様々な文化をより深く理解でき、また、そのような経験を通して学んだことを自分が育った国に持ち帰ることができるのではと思いました。

その次の年は、アメリカ北東部の山で開催される滞在型キャンプで働きました。自分自身も子どもの頃に毎年1週間のキャンプに参加し、とてもお気に入りだったキャンプです。そこで6年働いたところで、CITトレーナー(Counselor-in-Training・キャンプのカウンセラー研修生の指導者)として働くことになりました。6週間に渡り、32人のティーンエージャーたちを相手にキャンプカウンセラーはどうあるべきかという研修をしました。キャンプに対する自分の考え方を若い彼らと共有し、彼らがよいカウンセラーとして子どもたちに強くポジティブな影響を与えられるように導く機会であり、私の人生の中で特にやりがいを感じた仕事の1つです。

1年後にはそのキャンプでプログラムディレクターとして働きました。キャンプの様々な業務管理、いわば裏方の作業です。チームと一緒に、キャンプ全体で行えるような大きなゲームを考えたり、ダンスやショーを行い、キャンプに参加するすべての子どもたちが最高に楽しい夏を過ごせるようにすべてのスタッフの研修を行いました。毎週子どもたちが300人、スタッフが100人も参加するような大規模のキャンプです。そのような大きなキャンプの責任者として働いた経験はそれまでありませんでした。簡単なことばかりではありませんでしたが、自分が子どもだった頃に「こんなキャンプだったらいいな」と思っていたようなキャンプに近づけるように環境づくりをすすめ、子どもたちのために状況を改善しているという実感がありました。キャンパーみんなが楽しい時間を過ごしていることを確認し、参加者全員が疎外感を感じることなく自分はキャンプの一員だと感じることができるよう、キャンプを心から楽しめるようにできる限りの努力をしました。

キャンパーとして参加していた時と、スタッフとしてキャンプに参加していた時に気づいた違いはありますか?スタッフとして働くことでどんな発見がありましたか?

キャンパーだった頃、キャンプはまるでマジックのようでした。アクティビティ、ゲーム、劇などすべて子どもたちのために用意されていて、スタッフはまるでスーパースターのように見えました。彼らはとても勇敢で、自分の気持ちに正直でいることを恐れていませんでした。その自信に満ちた姿勢は憧れでした。そして、自分もそうなりたいと思いました。キャンプで働き始めた時、ゆっくりとではありますが、子どもの時に参加したキャンプスタッフがそうであったように、自分に正直であることを心地よく感じるようになりました。スタッフとしてキャンプに参加することは、子どもの頃キャンパーとして参加した時よりももっとワクワクし、よりやる気を感じました。子どもの頃、キャンプに行くことは両親が決めたことで私の希望ではなかったのです。両親は二人とも働いていたので、長い夏休みの間、私の居場所を探す必要があったのです。今はキャンプは私の仕事です。踊ったり、歌ったり、ゲームをしたり、楽しいことが大好きな素晴らしい人たちと一緒に働くことができるのです。キャンプで働くことで、自分が子どもの時に感じたマジックを今度は自分が作る立場です。キャンプでの仕事は簡単なことばかりではありません。長時間の研修、たくさんルールや方針を覚えること、リピーターのキャンパー飽きさせない工夫としてそれまでにはなかったまったく新しいゲームを日替わりで考え出すなど、仕事は多岐にわたります。でも、キャンプの一番の要素は仲間との絆であり、強いチームを作ることです。子どもの頃、キャンプは仲間と打ち解け友情を深めること、そしてキャンプを楽しむことがメインでした。キャンプが仕事となった今、スタッフにとってもキャンプの本質は変わらなないことに気づきました。

昨年初めてイングリッシュアドベンチャーのキャンプに参加してみて、どんな感想を持ちましたか?

今まで様々なキャンプで働く機会に恵まれましたが、イングリッシュアドベンチャーほど大好きなキャンプはありません。人生でこんなにも歓迎され受け入れてもらえたと感じたこと、信頼された経験はほかにありません。キャンプで出会ったすばらしい人たちと一緒にプログラムを作り上げたこともとてもとてもよい機会でした。イングリッシュアドベンチャーのキャンプスタッフは日本やアメリカだけではなく、世界中から集まります。昨年はウズベキスタン、ケニア、ジンバブエ、イギリス、オーストラリア、マレーシア、インド、ドイツ、アイルランド、カナダ、リトアニア、ジョージア、イタリア、香港などなどたくさんの場所からスタッフが集まりました。今年はきっと昨年よりも多くの国出身のスタッフが集まるかもしれません。世界中から集った人と一緒にたくさんのことを学び、教え、働けるという本当に特別な場所です。その経験を通して新しい視点を持つことができました。一番年少のキャンパーは7才くらいですが、小さなキャンパーたちと一緒にそんな体験を共有できることも本当にすばらしいことだと思います。イングリッシュアドベンチャーのキャンプスタッフは愛情、配慮、情熱、献身に満ちあふれています。彼らは責任あるプロフェッショナルですが、同時に時には思いっきりふざけたり、キャンパーと一緒に楽しい時間を過ごす方法をよく知っています。また今年の夏も、大自然の中で世界中から集った優しい人たちと一緒に過ごせるのです。他にこんな特別な場所はありません。

2017 Summer Camp

2017 Summer Camp

– As a child, did you attend summer camps? What do you remember about camp and how do you think it helped shape you?

I’ve been attending summer camps since I was 5 years old. Sometimes I really liked it, and sometimes it was really hard for me. I thought it was really cool that I could do activities like go boating, swimming, and even getting to do archery. I learned a lot about myself and how to get along with others at summer camp. But I also had trouble fitting in and often got bullied. It didn’t’t feel like my counselors paid attention or cared that much, even when I told them about what I was feeling. This motivated me to start working at summer camps to hopefully make a better environment for kids than the ones I had when I was younger.

– Tell us about your experience working at camp in the US.
Being a camp counselor was my first job at age 16. For four years, I worked at the day camp I went to growing up. This was the camp I attended that I didn’t really like. I was excited to have the opportunity to lead and create the camp environment I wanted for myself when I was younger. However, I didn’t feel like there was much room for me to grow there. When I was 20 years old, I packed my bags and headed out to work at an English-immersion camp in Taiwan. This was the farthest away from home I had ever been, so I was looking forward to this grand adventure. I enjoyed the challenge of working with kids who were just beginning to learn English. I also liked having the opportunity to experience a culture unlike any other with which I was familiar.

I remember our campers had to make Lego structures of their favorite counselors. My campers made a structure and introduced it as, “Connor: The American.” And there I was with a large cowboy hat on my head, a cigarette hanging out of my mouth, a double burger in one hand, and a gun in the other. Of course, these are not the things I was bringing to camp or using at all in real life. But it helped me understand these kids’ understandings of my country. Even for some of the staff there, I was the first American with whom they had ever had a long conversation. These experiences motivated me to be the best ambassador to the United States I could be. I wanted to continue to be open to the world so I could better understand more cultures, and to see how I can bring what I learn from others back to the country where I grew up.]

The next year, I began working at my old overnight camp in the mountains of the Northeastern United States. This was a place I really enjoyed spending one week every year when I grew up. Now, six years after last being a camper there, I was given the task of being their next CIT Trainer. (CIT means Counselor-in-Training). For six weeks, I trained 32 teenagers how to be camp counselors. It was one of the most rewarding experiences I ever had because it gave me the chance to teach my vision for youth work to young adults so they could have a powerful, positive impact on kids.

A year later, I came back to work there as a Program Director. In this role, I was responsible for creating all the little details of camp that go on behind-the-scenes. My team and I came up with big games for the whole camp, put on dances and shows, and trained all the staff to make sure the kids that came to our camp would have an amazing summer. I had never been responsible for leading and managing more people: 300 campers every week and about 100 staff. It was challenging sometimes, but it made me feel like I was making the difference I set out to make when I was very young. I saw lots of campers having a good time, and we all made an effort to make sure every child felt included and had fun.

– What differences can you see between attending camp as a camper and working as a camp staff? How did working as a camp staff member help you understand camp better?

When I was a camper, everything just felt magic. Activities, games, skits were all provided and performed for us. All the counselors seemed like superstars to me. They just stood up there and weren’t afraid to be themselves. I admired that confidence, and as a kid, I desperately wanted it. When I started working at camp, I slowly made the moves to feel comfortable about myself in the way I saw my counselors do when I was younger. Being on staff made me feel more excited and motivated to be at camp. When I was a camper, I didn’t have a choice. My parents needed to put me somewhere during the summer because both of them had to work. Now, camp is my work. I get to dance, sing songs, play games, and work with some really awesome people that also want to have lots of fun. Working at camp gave me the opportunity to create the magic I saw as a kid, but it was often a lot of work. It was a lot of training, learning policies and procedures, and being expected to come up with a brand new game that had never been thought of before almost every day. But the largest component of camp was about connecting with others and building a strong team. Being a camper was all about learning how to get along, create meaningful friendships, and trying to have fun. Now, I realize that being a camp counselor or manager is about exactly the same thing.

– Last summer was your first year working at English Adventure. What did you like about English Adventure? Tell me about your first experience with us!

I’ve had the privilege of working in many different places, but no place can match how much I love English Adventure. I’ve never felt more welcomed or more trusted anywhere in my life. Aside from that, I’ve had the opportunity to shape a program I love with the help of some of the greatest people I’ve ever met. We get people from all over the world to work here… not just Japan and the United States. People from Uzbekistan, Kenya, Zimbabwe, England, Australia, Malaysia, India, Germany, Ireland, Canada, Lithuania, Georgia, Italy, Hong Kong and probably even more came together last year to work at English Adventure. And I imagine we’ll have even more diversity this year. It’s really special to be able to learn, teach, and work alongside people from all over the world. It helped me gain new perspective, and I think it’s so cool to me that kids as young as seven years old can share in that too. There’s a lot of love, care, passion, and dedication from the staff who work at English Adventure. They’re responsible and professional, but they also know how to have fun and be their goofiest selves with their campers. Nestled up in the mountains with some of the kindest people in the world, there’s no place I’d rather be coming back this summer than English Adventure.

31960708_1703618473047480_1949580093395304448_n

ハッピーキャンパーからハッピースタッフへ

今回のスキーキャンプにスタッフとして参加された山本勇大さんは、子供の頃、キャンパーとしてイングリッシュアドベンチャーのキャンプに参加されていました。

Y8TPA8341Y

勇大さんに、キャンプの思い出やスタッフとして戻ってくることを決断された経緯などをお伺いしました。

ーはじめてイングリッシュアドベンチャーのキャンプに参加したのは何才の頃でしたか?

「小学校4年生の時でした。きっかけは私の母のすすめです。母は英語が得意ではなかったため、将来、私が語学で困ることがないようにと、私が小さな頃から英語の環境を探してくれていました。英会話スクールに通い、イングリッシュアドベンチャーやほかの英語キャンプに参加したこともありました。」

ーはじめてのイングリッシュアドベンチャーキャンプのことを覚えていますか?

「フェリーで大島に行きました。今でもとてもよく覚えています。蹄鉄をなげる『ホースシュー』や木と木の間にロープを張って綱渡りをする『スラックライン』など、日本では中々体験できないようなアメリカンキャンプならではのアクティビティが特に記憶に残っています。」

ーはじめて参加された時の英会話レベルを覚えていますか?

「当時は英会話初心者だったので、英語チャレンジプログラムに参加しました。出来ないなりに英語を使おうとしていた記憶があります。拙い英語でも相手に通じた時の喜びをとてもよく覚えていまます。その喜びは言葉では言い表せません。」

ー何回くらいイングリッシュアドベンチャーのキャンプに参加されましたか?

「小4の時に初めて参加してから、小学校卒業するまで毎年サマーキャンプとウィンターキャンプ両方に参加しました。イングリッシュアドベンチャーに心を奪われたと言ってもおおげさではないくらいにとても楽しかったからです。」

キャンパーとして参加されていた当時の勇大さん

キャンパーとして参加されていた当時の勇大さん

ースタッフとして参加されることに至った経緯をお聞かせください。

「現在アメリカで大学に通っているのですが、留学生活を通して英語でコミュニケーションできる楽しさや重要性を再実感することができました。また、海外から日本を見たときに、子供たちが英語にふれられる場所が少ないことに気がつきました。

少年期というのは子ども達にとって大切な時期です。彼らに沢山の経験をさせてあげたい、私ができる事は何だろうと考えた時に、少年時代1番の思い出のイングリッシュアドベンチャーが思い浮かびました。

好きな英語を使いながら、子どもたちをサポートできる、経験者として子どもたちにたくさんの事を伝えることもできるという最高の場所だと思いました。」

ー実際にスタッフとしてみてキャンプに参加された感想は?

「とても楽しかったです。私がキャンパーとして参加していた頃と比べると、規模や内容は大きく変わりましたが、キャンプの本質が『Happy Camperを育てること』というのは変わっていないと感じました。

自分自身、勉強する部分や子どもたちから学ぶこともたくさんありました。次回はサマーキャンプに参加したいと思います!」

ー英語を好きになってほしい、グローバルな環境に対応できる語学力を身に着けてほしいという願いからイングリッシュアドベンチャーのキャンプにお申込みされる保護者の方は実際にたくさんいらっしゃいます。

まさにそのような願いのとおり、キャンプを通して英語が好きになり、留学されるまでとなった勇大さんから見て、イングリッシュアドベンチャーの魅力は何でしょうか?

「最大の魅力は、日本国内で英語にふれながら生活できることだと思います。日本で生きた英語を聞ける機会は少ないのでとても貴重な体験だと思います。

それと、スタッフがキャンパーの意見をできるかぎり尊重することも大きな特徴です。子どもたちの意見を取り入れながらチーム単位でキャンプ生活を送るので、チームワークやコニュニケーションスキル、協調性などを自然に学ぶことができます。自分の意見が尊重されていることやキャンプ作りに関わっていることをキャンパーが実感できるため、ほかのキャンプよりもさらにもっと楽しく感じると思います。」

ーお子様をキャンプへ送り出した理由を保護者様にお伺いすると、自分自身があまり英語が得意ではないため、子供には英語を身に着けてほしい、語学で苦労しないように英語を好きになってほしいからと回答される方が多くいらっしゃいます。

勇大さんも、英語を習い始めたきっかけはお母様の願いであり助言だったとのことですが、保護者の方がお子様の英語への興味を引き出す秘訣などはありますか?

「私自身は、母の勧めで英語キャンプ、英会話教室やオーストラリアに短期留学なども行きましたが、実際に自分の意思で『英語を話せるようになりたい!もっと勉強したい』と本気で思ったのは高校生になってからです。

そう思うようになったのは、母がキャンプや英会話など様々な選択肢を与えてくれたこと、もっと英語を勉強したいと自分から思うようになるまで地道に待っていてくれたことが大きいと思います。

親が子どもに英語を話して欲しいと無理に強要してしまったら、子どもが英語嫌いになってしまうのではないかと思います。

英語を自分のものするのは、長い年月とかなりの努力が必要だと思いますし、イングリッシュアドベンチャーのキャンプに参加しただけで英語がペラペラになることもありません。

ただ、イングリッシュアドベンチャーのキャンプは生きた英語にふれることができるため、英語の下地作りにはとてもいいと思います。私自身、高校時代は文法が苦手だったのですがリスニングは得意でした。小さな頃から何度もイングリッシュアドベンチャーのキャンプに参加し、英語環境に親しんでいたため英語の耳ができていたのだと思っています。」

イングリッシュアドベンチャーのキャンプはリピーターがとても多いことが特徴で、勇大さんがそうであったように何年もの長い間に何回も参加してくれるキャンパーがたくさんいます。

その中で、スタッフとして戻ってきてくれたキャンパーは勇大さんがはじめて。イングリッシュアドベンチャーにとっても、このスキーキャンプは特別なものになりました。

イングリッシュアドベンチャーのミッションは、「自然を愛する心を育てること」「他者への理解力や協調性、自ら考えて行動する力を養い、の個人的な成長の手助けとなること」そして「自信をもって英語を使えること」だと考えており、キャンプはこのミッションを中心に構成されています。

勇大さんがスタッフとして戻ってきてくれたことは、まさにこのミッションが目に見える形となったかのようです。

英会話初心者だったキャンパーが、キャンプを通して英語に興味を持ち、英語が好きになり、もっと英語を勉強したいという気持ちが高じて留学されるまで至ったこと。

キャンプの思い出をとても大切にされ、その体験をぜひ子どもたちとシェアしたいと思われ、スタッフとしてイングリッシュアドベンチャーのキャンプに戻ってきてくれたこと。

勇大さんがスタッフとしてキャンプに参加してくれたことで、私たち自身もイングリッシュアドベンチャーのミッションを再認識し、これからも子どもたちの成長のためによりよいキャンプ作りをすすめていこうとあらためて思いました。

舞台は世界:ツールとしての英語

イングリッシュアドベンチャーのいつも元気なトシ。自然溢れる茨城出身の彼は、日本人家庭に生まれ元気にすくすく育っていましたが、中学へ上がると同時に、なんと単身アメリカへ!ホームステイをして現地中学・高校に通い、言語だけではなくアメリカの文化も身をもって体験していきます。

toshi-and-campers

エンジニアに興味を持った彼は、ニューハンプシャー州の大学へ進学。その後ニュージーランドに渡りBio Medical Engineeringの分野で博士号までとることに。勉強のかたわら、雄大な自然溢れるニュージーランドでアウトドアを楽しまないわけにはいきません!ハイキングやスキー、マウンテンバイクにカヤックと、様々なジャンルのアクティビティを堪能しました。博士号取得後は現地の会社で働いた後に帰国。いまではイングリッシュアドベンチャーキャンプ企画運営に欠かせないプログラム・マネージャーとなっています。

見た目は日本人ですが、考え方や言語はすっかり英語圏の影響を受けており、英語チャレンジに参加する子どもの気持ちも、英語漬けに参加する子どもの気持ちもわかるなんて、イングリッシュアドベンチャーキャンプにぴったりです。

2014年には、地球一周の船旅を経験し 、英語を使いながら世界の人々と交流し、壮大な経験をして戻ってきました。

もちろん、自分が英語を話せなくても、通訳や辞書があれば、海外のたくさんの人たちとコミュニケーションがとれることは間違いありません。ただ、もし自分自身が英語でコミュニケーションをとれたら?母語が異なる人々と、直接自分が伝えたいことを伝え、相手のことを理解できたらどうでしょう。

girls-chatting

British Council が2013年に発行した「The English Effect」では、英語は世界中の約4分の1の人口の人たちが話す言語になっていると説明しています。

“English is the world’s common language. English has come of age as a global language. It is spoken by a quarter of the world’s population, enabling a true single market in knowledge and ideas. “

(英語は今や世界の共通語になっています。グローバルな言語とも言えるまでに世界中に広まりました。全人口の4分の1の人たちが英語を話せることで、知識とアイディアが1つの場所で交換、共有できるようになりました。)

英語でコミュニケーションをとれるようになることで、世界中の人たちとつながることができる。「受験」「資格」「就職に有利」などの現実的な面に目が向かってしまいがちですが、この機会に「英語」という言語を、世界中の人たちと直接繋がるためのツールという、新たな視点から考えてみてはいかがでしょう。英語学習の新たなモチベーションになるかもしれません。

自然が秘める「パワー」

イングリッシュアドベンチャーで人気コアスタッフのJeff(ジェフ)は、カナディアンロッキーに囲まれたカナダのBanff出身。子供の頃から様々なアウトドアのアクティビティに挑戦してきました。ワーキングホリデーとしてカナダに来ていた日本人の友達に誘われ日本に遊びに来た彼は、日本の大自然に魅せられ、今や日本歴は約20年となっています。彼自身が信じる「自然のパワー」を英語を通して日本の子どもたちに伝えるため、今もノンストップで活躍中です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山が大好きなJeffの伝統の1つとして、「初日の出を日本一高い富士山の頂上から見る」というものがあります。この伝統はもちろん今も続いており、スノーキャンプが終わるとすぐに富士山に向かうというのが彼のパターンです。厳冬期の富士山は、-30度を超えることもあるとのこと。1年分のエネルギーを、富士山で見る日の出からいただくようです。「Super FUN!」と今年も元気に帰ってきました。

2014年に引き続き、2015年もJeffは長野県ブルーレイクの担当です。英語浸けのキャンパーは、ぜひ彼に富士山のことを聞いてみてくださいね!

同じくブルーレイクで開催された2014年英語チャレンジスノーキャンプで、大人気アクティビティだったSnowshoeing。山を登ると、目の前に雪をかぶった壮大な北アルプスのパノラマが登場!あまりの美しさに、皆で息を呑みました。「I will never forget this view..」とキャンパーがつぶやいたときには、スタッフ一同、教科書からでは教わることのできない、自然のパワーを実感することができました。

多くの子どもたちに、英語と自然をキーワードに、一生思い出に残る経験をさせてあげたいと、イングリッシュアドベンチャーは今後もより良いプログラム開発に挑戦します。

Jeff-on-Fuji

“May your trails be crooked, winding, lonesome, dangerous, leading to the most amazing view. May your mountains rise into and above the clouds.”

– Edward Abbey

Happy Camper & Happy Staff

2014年のスノーキャンプでは、たくさんのキャンパーそしてスタッフが、壮大な冬の自然を体験してきました。一生思い出に残る体験になったのは、キャンパーにとってだけではありません。国際色豊かなイングリッシュアドベンチャースタッフにとっても、元気あふれるキャンパーと過ごした4日間は、忘れることのできない大切な思い出です。
今回は、英語チャレンジプログラムCamp ManagerであるBryのコメントをご紹介します。

“ I really enjoyed the camp experience and have been dreaming about camp most nights since. Being united with the children and staff in happiness was a magical experience.”

(キャンプは本当に楽しく、家に帰ってからもキャンプでの楽しかった思い出を毎晩夢に見ています。元気あふれるキャンパーとスタッフと一緒に一丸となって、ハッピーなキャンプを創り上げることは、私にとっても夢のような体験でした。)

これからも、Happy Staff、そしてもちろんたくさんのHappy Camperの皆さんにお会いできることが楽しみです!

jumping-in-the-snow