All posts by Kozue Oka

舞台は世界:ツールとしての英語

イングリッシュアドベンチャーのいつも元気なトシ。自然溢れる茨城出身の彼は、日本人家庭に生まれ元気にすくすく育っていましたが、中学へ上がると同時に、なんと単身アメリカへ!ホームステイをして現地中学・高校に通い、言語だけではなくアメリカの文化も身をもって体験していきます。

toshi-and-campers

エンジニアに興味を持った彼は、ニューハンプシャー州の大学へ進学。その後ニュージーランドに渡りBio Medical Engineeringの分野で博士号までとることに。勉強のかたわら、雄大な自然溢れるニュージーランドでアウトドアを楽しまないわけにはいきません!ハイキングやスキー、マウンテンバイクにカヤックと、様々なジャンルのアクティビティを堪能しました。博士号取得後は現地の会社で働いた後に帰国。いまではイングリッシュアドベンチャーキャンプ企画運営に欠かせないプログラム・マネージャーとなっています。

見た目は日本人ですが、考え方や言語はすっかり英語圏の影響を受けており、英語チャレンジに参加する子どもの気持ちも、英語漬けに参加する子どもの気持ちもわかるなんて、イングリッシュアドベンチャーキャンプにぴったりです。

2014年には、地球一周の船旅を経験し 、英語を使いながら世界の人々と交流し、壮大な経験をして戻ってきました。

もちろん、自分が英語を話せなくても、通訳や辞書があれば、海外のたくさんの人たちとコミュニケーションがとれることは間違いありません。ただ、もし自分自身が英語でコミュニケーションをとれたら?母語が異なる人々と、直接自分が伝えたいことを伝え、相手のことを理解できたらどうでしょう。

girls-chatting

British Council が2013年に発行した「The English Effect」では、英語は世界中の約4分の1の人口の人たちが話す言語になっていると説明しています。

“English is the world’s common language. English has come of age as a global language. It is spoken by a quarter of the world’s population, enabling a true single market in knowledge and ideas. “

(英語は今や世界の共通語になっています。グローバルな言語とも言えるまでに世界中に広まりました。全人口の4分の1の人たちが英語を話せることで、知識とアイディアが1つの場所で交換、共有できるようになりました。)

英語でコミュニケーションをとれるようになることで、世界中の人たちとつながることができる。「受験」「資格」「就職に有利」などの現実的な面に目が向かってしまいがちですが、この機会に「英語」という言語を、世界中の人たちと直接繋がるためのツールという、新たな視点から考えてみてはいかがでしょう。英語学習の新たなモチベーションになるかもしれません。

キャンプで育む、友達との絆

blog(friends)

長期のサマーキャンプの習慣が、北米と比べるとまだない日本ですが、近年の自然体験活動のブームを見ると、徐々にその伝統が作り上げられつつあると感じます。

今回はイングリッシュキャンプで毎年再会するキャンプ仲間についてご紹介します。

イングリッシュアドベンチャー設立から13年目を迎える2015年。リピーターの方の中には、キャンプで5回目、6回目の再会を果たすキャンパーも少なくありません。

キャンプで出会う仲間は、学校の友達でもなく、塾の友達でもなく、近所の友達でもない。1年に1回か2回、アクティビティ盛りだくさんの思い出深い5日間を共有するキャンプ仲間として、強い絆が生まれます。

また、2014年のスノーキャンプでは、英語チャレンジで約70%、英語漬けでは約75%の参加者がリピーターでした。

  • 行ってびっくり!チームメートとのチェックインでの再会

2013年に初参加いただいた小学生の女の子。人生初のお泊まりキャンプに、緊張と心細さでいっぱいでチェックインに来てくれました。同じ初めての参加の女の子とすぐに打ち解け、5日間を一緒に過ごすうちに、緊張も解けていきました。2014年スノーキャンプ、今回は、ちょっと自信をつけての2度目の参加。とはいえ、誰も知らない状況に飛び込んでいくには勇気がいります。すると、チェックインにて前回のチームメートを発見!今回も同じチームであることがわかり、笑顔で出発することができました。「去年とはまた違う娘の笑顔に、大変安心致しました。」と保護者の方から。また来年、ぜひ再会できるといいですね!

  • 2014年秩父サマーキャンプで交わした再会の約束

2014年12月。新宿のチェックインにて、仲良しそうに話している3人の中学生男の子のキャンパーが目につきました。学校の友達同士か何かと思い声をかけてみると、なんと2014年秩父にて開催された英語チャレンジプログラムに参加してくれたキャンプ仲間だったのです。サマーキャンプではみんなのロールモデルとなり、大活躍をしてくれた3人は、スノーキャンプでの再会を約束。2014年の締めくくりに、無事再会を果たしたということです。今回も、低学年のキャンパーの手助けをしてくれたり、スノーシューで果敢に難しいトレイルに挑戦したりと、再度素敵なキャンプライフを満喫しました。

ぜひイングリッシュアドベンチャーのキャンプで、一生の友情を育みませんか?

グローバルなキャンプライフ

2014年のスノーキャンプでは、Happy Camperである国際色豊かなスタッフがキャンプを創り上げました。スタッフの出身国を数えると、14カ国にものぼります。

group-photo

それぞれ異なるバックグラウンドやパーソナリティーを持っており、自由時間には自分のチームリーダーだけではなく、同じプログラムに参加している他のスタッフとも積極的に交流しているキャンパーの姿が目立ちました。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなど英語圏が多数ですが、ハンガリーやウズベキスタン等、子どもたちには初めての国出身のスタッフとの交流もありました。

文化や習慣は違っても、キャンプライフを4日間過ごすことで、みんなで仲間となります。国際化が進み、東京オリンピックを迎えるいまの時代、英語を共通語として、さまざまな人とコミュニケーションがとれる楽しさを、ぜひキャンプで感じてください。

姉妹団体:NPOみらいの森のご紹介

イングリッシュアドベンチャーのファミリーの方々をはじめ、たくさんの方に温かいサポートをしていただいたきました、NPOみらいの森のご紹介です。

mirai-no-mori

みらいの森は、児童養護施設で暮らす子どもたちに向けて、将来の道を切り拓くきっかけを与えるアウトドアプログラムを創り出します。

2003年、アメリカ出身のデイブはイングリッシュアドベンチャー設立。2010年、同僚のジェフと一緒に、事業の成長を支えてくれた日本へのお礼として、ソーシャルプロジェクトの始動を決意。キャンプを経験するチャンスのない子どもたちを支援したいという想いを原動力に、プロジェクトを立ち上げました。

2011年夏には、関係団体と協同で第一回キャンプを実施。トラウマを抱え、様々な困難に直面している子どもたちにアウトドアやキャンプ活動がもたらす影響は、予想を超える大きなものでした。デイブとジェフはできるだけ多くの子どもたちがこのような経験をするためには、長期的な取り組みが必要だと認識し、NPOみらいの森を設立。

2014年サマーキャンプには、イングリッシュアドベンチャーの皆さまをはじめとるす、多くの温かいサポートのもと、日本全国から計100名の子どもを招待することができました。

  • イングリッシュアドベンチャーのファミリーの皆さまへ:サポートの御礼とお願い

イングリッシュアドベンチャーのキャンプに申し込みをされる際には、みらいの森への寄付をお選びいただけるボタンがあります。皆さまの温かいサポートが、みらいの森の活動を支えます。2014年度サマーキャンプにお申し込みいただいたイングリッシュアドベンチャーファミリーの約100名の方からご寄付を頂きました。みらいの森に代わりまして、改めまして、お礼を申し上げます。ぜひ今後も、引き続きサポートをいただけますよう、お願いいたします。

また、ご興味がございましたら、皆さまそれぞれの得意分野で、ご自身に合うサポートの方法でご協力いただければ幸いです。どうぞお気軽にご連絡ください。(info@mirai-no-mori.jp)

  • 2014年度活動報告書が完成

皆さまから多大なご支援いただき、100名の子どもを招待することができた2014年度の活動をまとめた活動報告書が完成しました。今回は、皆さまのサポートが実際子どもたちにどのような影響を与えることができているのかを、子どもたちや施設職員さんの生の声をいただきながらお伝えします。お時間がありましたら、ぜひご一読ください。

今後とも、イングリッシュアドベンチャー、またみらいの森を、どうぞよろしくお願いいたします。

Saint Maur International School
Camp Report

サマーキャンプとスノーキャンプがメインのイングリッシュアドベンチャーですが、実は学校や団体を対象にイングリッシュキャンプも行っています。楽しみながら英語を学べるアウトドアプログラムを、それぞれクライアントのニーズに合わせて企画運営までサポートします。

2013年からは横浜市立南高等学校附属中学校様の、カナダホームステイ修学旅行に向けた国内イングリッシュキャンプを企画運営しています。スタッフは英語漬けポシリーをもとに、英語に対するモチベーションの非常に高い約160名の中学2年生と一緒に、英語でのアウトプットの機会に溢れた2日間を過ごしました。

Kashimayari-snow

2015年2月には、Saint Maur International School (サンモールインターナショナルスクール)の希望者を対象としたスキーキャンプを企画運営しました。活気溢れる横浜とは全く異なる、一面の静かな雪景色の中、スキーやキャンプファイヤーを楽しみ、学校での友達との絆を深めました。

真っ青に広がる青空に、真っ白な雪をかぶった北アルプスの山々。2015年のチャレンジプログラムの開催地である鹿島槍スポーツヴィレッジに、子供たちの元気な声が響きました。2泊3日のプログラムには、スキーレッスンやそり滑り、ナイトハイクにキャンプファイヤーとアクティビティが盛りだくさん!

朝から晩まで一緒に過ごす宿泊学習では、普段の学校生活では見ることのない、友達の新たな面も見えてきます。今まで知ることのなかった友達の一面を発見すると同時に、持ち物の整理や時間の管理など、自分自身についても学ぶ機会がたくさん。中学生になるに向けて、チームワークや、自立心を育む絶好のチャンスとなりました。

自然が秘める「パワー」

イングリッシュアドベンチャーで人気コアスタッフのJeff(ジェフ)は、カナディアンロッキーに囲まれたカナダのBanff出身。子供の頃から様々なアウトドアのアクティビティに挑戦してきました。ワーキングホリデーとしてカナダに来ていた日本人の友達に誘われ日本に遊びに来た彼は、日本の大自然に魅せられ、今や日本歴は約20年となっています。彼自身が信じる「自然のパワー」を英語を通して日本の子どもたちに伝えるため、今もノンストップで活躍中です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山が大好きなJeffの伝統の1つとして、「初日の出を日本一高い富士山の頂上から見る」というものがあります。この伝統はもちろん今も続いており、スノーキャンプが終わるとすぐに富士山に向かうというのが彼のパターンです。厳冬期の富士山は、-30度を超えることもあるとのこと。1年分のエネルギーを、富士山で見る日の出からいただくようです。「Super FUN!」と今年も元気に帰ってきました。

2014年に引き続き、2015年もJeffは長野県ブルーレイクの担当です。英語浸けのキャンパーは、ぜひ彼に富士山のことを聞いてみてくださいね!

同じくブルーレイクで開催された2014年英語チャレンジスノーキャンプで、大人気アクティビティだったSnowshoeing。山を登ると、目の前に雪をかぶった壮大な北アルプスのパノラマが登場!あまりの美しさに、皆で息を呑みました。「I will never forget this view..」とキャンパーがつぶやいたときには、スタッフ一同、教科書からでは教わることのできない、自然のパワーを実感することができました。

多くの子どもたちに、英語と自然をキーワードに、一生思い出に残る経験をさせてあげたいと、イングリッシュアドベンチャーは今後もより良いプログラム開発に挑戦します。

Jeff-on-Fuji

“May your trails be crooked, winding, lonesome, dangerous, leading to the most amazing view. May your mountains rise into and above the clouds.”

– Edward Abbey

2015サマーキャンプ開催地決定!

2014年まで、埼玉県秩父、長野県大町市と2つのロケーションでキャンプを繰り広げてきたイングリッシュアドベンチャーですが、さらなる飛躍を迎える2015年は、新たなキャンプサイトへ進出します!

秩父ならではの自然に囲まれ、スタッフの方から多大なサポートを頂いてきた埼玉県青少年総合野外活動センターに別れを告げ、英語漬け・チャレンジプログラム双方が、壮大な北アルプスと、透き通る湖や豊かな自然に恵まれた、長野県大町市へと移動します。青木湖を目の前にたたずむホテルブルーレイク&リゾートが英語漬け専用キャンプサイトに、雄大な北アルプスを目の前に望む鹿島槍スポーツヴィレッジが英語チャレンジ専用のキャンプサイトになることが決定しました。

【英語漬けプログラムキャンプサイト(ブルーレイク)】

Blue Lake

【英語チャレンジプログラムキャンプサイト(鹿島槍)】

Kashimayari

 

関東随一の宿泊者数を誇る埼玉県青少年総合野外活動センターですが、キャンプ参加者数が年々増加している当社キャンプが、スクールテントに収まりきらなくなるという理由から、数年前より新たなキャンプサイトを探していました。宿泊可能数に加え、豊かな自然と豊富なアクティビティを可能にするキャンプサイトということで、長野県大町市の方々とご縁があり、キャンプを開催するまでに至りました。

秩父でも大人気だった、フィールドゲームや水遊びのアクティビティはそのままに、今年も一段とパワーアップしたキャンプをお楽しみいただけます。

雪解けの頃の、イングリッシュアドベンチャースタッフのキャンプ準備レポートをお楽しみに!

自然を楽しむために:徹底した安全管理

自然の中での活動は、子どもの成長にとって欠かせないものとなりますが、同時に危険をともなうものでもあります。地形や気候などの自然環境に加え、参加者の年齢や経験、アクティビティ内容を考慮し安全管理を行う必要があります。安全管理を頭に入れておくことで、防げる事故・ケガがたくさんあります。ご家族で自然に繰り出す際にも、皆がケガなく、楽しく遊べる環境を作りあげましょう。

イングリッシュアドベンチャーがキャンプを構成する際に、まず考えるのは「Safety 安全性」。楽しいキャンプには、十分な安全対策が不可欠です。コアスタッフによるリスクアセスメントから始まり、キャンプスタッフトレーニングではキャンプを想定した実践的な訓練を行います。

WFR officialwma-japan-logoWFR 2

自然体験活動の万が一のリスクに備え、イングリッシュアドベンチャーのコアスタッフは、北米で開発されたWilderness First Aidの資格を保有しています。 キャンプや野外活動を行う団体職員や僻地で活躍する救急救命士が多く受講しているというこの講座では、座学だけではなく多くの実技を含む体で覚える学習スタイルをとっており、楽しいキャンプに向けて万全の準備を行います。

3年ごとに資格更新のため、コアスタッフのJeff、Toshi、Kozueが1月の26日から29日に行われた4日間のWilderness First Responder(WFR)プロフェッショナルコースを受講してきました。

万が一に備えてのアレルギーショックへの対応や、大人数が同時に怪我をした際の状況整理の方法などに加え、それらの救急法が必要の無いように、処置法を学んだ上で未然に防ぐためのマインドセットをさらに深めることができました。

以下ウィルダネスメディカルアソシエイツホームページより引用

「想定外の状況でも「命を繋ぐ」救急法、それが「野外・災害救急法」です。 WMA International は 1980 年代初頭に救命医を中心とする野外救 助活動の専門家グループにより北米で開発され、現在では世界中で 年間 8,000 人以上の受講者を輩出しています。インストラクターは医師や北米の野外救急救命士(WEMT)であり、またアウトドア プロフェッショナル、山岳ガイドやレスキュー隊とし ての経験を持つ「質の高さ」もコースの特徴です。」

Happy Camper & Happy Staff

2014年のスノーキャンプでは、たくさんのキャンパーそしてスタッフが、壮大な冬の自然を体験してきました。一生思い出に残る体験になったのは、キャンパーにとってだけではありません。国際色豊かなイングリッシュアドベンチャースタッフにとっても、元気あふれるキャンパーと過ごした4日間は、忘れることのできない大切な思い出です。
今回は、英語チャレンジプログラムCamp ManagerであるBryのコメントをご紹介します。

“ I really enjoyed the camp experience and have been dreaming about camp most nights since. Being united with the children and staff in happiness was a magical experience.”

(キャンプは本当に楽しく、家に帰ってからもキャンプでの楽しかった思い出を毎晩夢に見ています。元気あふれるキャンパーとスタッフと一緒に一丸となって、ハッピーなキャンプを創り上げることは、私にとっても夢のような体験でした。)

これからも、Happy Staff、そしてもちろんたくさんのHappy Camperの皆さんにお会いできることが楽しみです!

jumping-in-the-snow

 

雪は学びの宝箱!

東京近郊で暮らすファミリーの皆さんにとっては、一面の白銀世界で雪を満喫する機会は少ないのではないでしょうか。家族旅行でスキーや雪国に出かける方を除けば、都会に暮らす子どもたちにとって、「雪」はとても特別な存在です。

snowball-fight

国土交通省 都市・地域整備局発行の「雪に学び雪を楽しむ」では、雪の持つ魅力を体感する大切さと面白さを紹介しています。

————————————————————————-

  1. 子どもたちの想像力が豊かに
  2. 仲間と協力する楽しさ
  3. すべる感覚のおもしろさ
  4. 雪があるから出会える子どもたちの「へー」

————————————————————————–

イングリッシュアドベンチャーのキャンプでも、まさにこの4点を子どもたちが吸収していく様子を目の当たりにできます。スノーキャンプを例にとり、以下ご紹介します。

  1. 子どもたちの想像力が豊かに:Snow Festival

チームごとに時間を与えられ、グループで協力してSnow Sculpture(雪像)を作り上げます。毎回、子どもたちの想像力、また集中力に驚かされます。2014年のスノーキャンプでは中学生の年長キャンパーがいたチームでは、大人よりもはるかに大きく、見事な「Timber Wolf (シンリンオオカミ)」の像を、小学生低学年のチームでは、繊細なお城に雪だるまが住んでいる家を作り上げました。

  1. 仲間と協力する楽しさ:Snow Play

すべてのアクティビティに共通しますが、特に仲間との協力が見られるのはSnow Play。かまくら作りをしたいキャンパーは、仲間を探し、どのような形・大きさにするかを相談し、役割を自ら分担します。雪合戦をしたいキャンパーは、スノーボール作りチームと投げるチーム、時には敵から自分達を守るための城壁作りチームなど、楽しみながら協力して、さらにアクティビティを楽しいものにしていきます。

  1. すべる感覚のおもしろさ:Sledding

Sleddingの時間には、スキーやスノーボードとは一味違う、そりすべりを満喫します。1人乗りだけでなく2人乗り、時には大きなマットに5人以上乗ることも!「Let’s go together!」「I’m coming, watch out!」など、積極的なコミュニケーションも目立ちます。

  1. 雪があるから出会える子どもたちの「へー」:Snow shoeing

多くのキャンパーに初めての体験であるSnow shoeing。誰の足跡もない雪原へと出かけると、うさぎやかもしかの足跡に出くわすことも珍しくありません。森の中に入っていくと、かもしかの寝床やふんにも遭遇します。雪があるからこそ出会える自然を満喫します。

この冬のシーズンは、ぜひご家族で雪を体験する機会を増やしてみてはいかがでしょうか。